膝関節の負担を減らす「洋式生活」のすすめ!

皆さま、こんにちは!
いよいよ夏本番という気候になってきましたね🌻
暑さをしのぐために、家で過ごす時間が長い方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、膝関節にかかる負担を減らすための《生活スタイルの見直し》についてお話しいたします!

 

私たちの多くは、日本の伝統的な生活様式に慣れ親しんでいます。畳の上での寝起き、正座などは、長い間私たちの日常生活の一部となっています。
しかし、これらの動作は膝関節に大きな負担をかけることがあります。特に変形性膝関節症の方にとっては、これらの動作が痛みや不快感を引き起こす原因となり得ます。

 

 

《こんな生活をしていませんか?》

畳での寝起き
畳の上で寝起きすることは、布団から立ち上がる際に膝を深く曲げる必要があり、膝関節に大きな負担がかかります。この動作を毎日繰り返すことで、膝の痛みが増すことがあります。

正座
正座は、日本の伝統的な座り方であり、日常の様々な場面で行われます。しかし、正座の姿勢は膝関節を強く圧迫し、痛みを引き起こすことが多いです。

和式トイレ
近年、和式トイレは少なくなりつつありますが、慣れている和式トイレを選ぶ方もいるかもしれません。ただ、和式トイレを使用する際には、しゃがむ動作が必要となり、膝関節に大きな負担がかかるので注意が必要です。

 

 

《洋式の生活スタイルを導入しましょう!》
これらの日本式の生活習慣を見直し、洋式の生活スタイルを取り入れることで、膝関節への負担を減らすことができます。具体的には、次のような工夫が考えられます。

ベッドでの寝起き
ベッドを使用することで、立ち上がる際に膝を深く曲げる必要がなくなり、負担が軽減されます。

テーブル・椅子の使用
ダイニングテーブルと椅子を使用することで、膝関節の圧迫を避けることができます。

洋式トイレの使用
洋式トイレに切り替えることで、しゃがむ動作を減らし、膝の負担を軽減します。

 

これらの生活の工夫が、変形性膝関節症の症状を緩和し、より快適な生活を送るための助けとなります。
ぜひ、できそうなものから取り入れてみてください♪

 

まだまだ暑い日が続きますので、お身体に十分気をつけてお過ごしくださいね☺

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ひざ関節症クリニックでは、MRIでの医師による即日診断が可能です。
無料相談・ご予約は、HPまたは下記のフリーダイヤルより受付しております。

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

ホームページからのご予約は  こちら をクリックしてください。

 

札幌ひざ関節症クリニック

北海道札幌市中央区北一条西3丁目3-11 桂和北1条ビル6F

0120-013-712

https://www.knee-sapporo.com/

関連記事

  1. MRIでわかる膝所見

  2. 膝に水が溜まるのはナゼ?

  3. 変形性膝関節症セルフチェック✔

  4. 骨切り術とは

  5. お膝にやさしい生活

  6. ヒアルロン酸注射との違いについて

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制