当院は入院せずに治療ができます

こんにちは!コンシェルジュの牧野です。ぐっと気温が下がり、冬がどんどん近ずいております。皆さまいかがお過ごしでしょうか?雪虫も飛んでますので、雪が降るのももうそろそろですね☃️さてさて、当院の治療が入院不要で行えるのをご存知だったでしょうか?ご来院された皆さまとお話してますと、「手術すると入院しなきゃいけなし、仕事休めないしな…。」といったお話をよく伺います。

「注射のみで治療できますよ!」とお伝えしますと大変喜んで下さる方が多くいらっしゃいます。

当院の治療は【PRP-FD治療】【培養幹細胞治療】の2つがございますので、どのようなステップで治療が行われるかご案内させていただきます。

 

PRP-FD治療は採血と注入の2ステップで行っています。

① 採血は検診の血液検査の時のように腕から採らせて頂いています💉

②  その血液を3週間かけて加工し、出来上がったPRP-FDを注射器でお膝に注入します💉

注入後は皆さん普段通り歩いて帰られています👣👣👣

培養幹細胞治療は、採血、脂肪採取手術、注入の3ステップで行っています。

① 手術の前段階として全身状態を確認するために血液検査をします💉

② 脂肪を採る手術を行います。部分的な局所麻酔で行うものでお身体への負担はとても少ないものです。脂肪を採るお時間自体は長くても15分程度、説明や消毒、体を休めるお時間を含めてクリニックでの滞在時間は約2時間程となっております。手術後は歩いてお帰り頂いています。

③ 採った脂肪から幹細胞を培養して6週間後に注射でお膝に注入します💉 こちらも普段通り歩いて帰っていただいています。

 

注入後の診察も頻回に来る必要はございません。

培養幹細胞治療もPRP-FD治療も時間をかけて作用していく治療ですので、長い目で経過を診るために診察は数ヶ月おきに行っています。その際は膝の状態を診せていただく他、お膝の状態に合わせたご自宅でのリハビリ運動のレクチャーも行っております。診察日はご都合に合わせて調整しておりますのでご安心ください😌💛

 

当院へは働きながら通っている会社員の方、家族を支えている主婦の方、道内各地の遠方からいらっしゃってる方など様々な方にご来院頂いております。

多忙な中スケジュールを合わせて治療するのは大変ですが、当院の治療は拘束時間が短く、来院回数が少ない治療になりますので生活に合わせて無理なく治療して頂いております。ご来院頂いた際には、スケジュールについても気兼ねなくご相談下さい🙆‍♀️

 

忙しくて中々治療に踏み切れないでいた方もいらっしゃると思います。ぜひお膝のご相談にいらして頂けたらと思います!

 

関連記事

  1. はじめまして、札幌ひざ関節症クリニックです!

  2. 初診時の流れ

  3. お膝に負担がかからない生活習慣

  4. 膝に水が溜まるのはナゼ?

  5. どんな人が受診しているの?

  6. サポーターの使用

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)