レントゲンとMRIの違いとは?

こんにちは!看護師の加藤です😄

本日はレントゲンとMRIの違いについてお話します。

 

整形外科に受診するとみなさんよくレントゲンを撮影すると思います。

 

レントゲンは放射線を使用していて、MRIは磁気を使用しているので

MRIだと被爆することなく撮影が出来ます^^

 

それでは出来上がった画像の違いや使い分けはどういったところでしょうか?

 

まず、レントゲンを撮って骨折していないか調べ、それから靱帯と半月板が傷ついていないか調べるためにMRIを撮るかどうか決定します。

 

実は、MRIではレントゲンではわからない靱帯や半月板、軟骨の状態や膝のなかの炎症が起きているかどうかがわかります!

なので当院ではMRIを使用してお膝の状態の診察を行っています^^

 

現在のお膝のお悩みの原因がMRI検査でわかるかもしれません♪

 

変形性膝関節症には人工関節置換術や骨切り術等の治療法しかありませんでしたが、当院では身体への負担が少ない再生医療を提供しています!

 

再生医療に興味がある方は是非一度診察にお越しください!

お待ちしております😊

 

当院は完全予約制です♪

予約はこちらからお願い致します!

 

関連記事

  1. 健康のためのウォーキングが、、?

  2. ひざへ負担がかかる動作とは?

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)