ひざへ負担がかかる動作とは?

 

皆様おはようございます!🔅

はじめまして、看護師の加藤です😊

 

本日はおひざに負担がかかる動作についてお話ししたいと思います!

 

ところでみなさん、歩くだけでどのくらいおひざに負担がかかっているかご存じですか?

 

実は歩行時は体重の3倍階段の上り下りは7~8倍かかると言われています!

体重60kgの方だと歩くだけでおひざに180kgの負担がかかっていますTT

 

ひざ関節で身体全体を支えているので、立ったり歩いたりをしてひざは365日酷使されています

 

またひざの軟骨や半月板が少なくなると、膝関節への負担の分散がされにくくなります。

 

ですが日頃からおひざへの負担を減らすことは可能です

例えば歩くとき・階段の昇降時に手すりを使ったり杖を使ったり

重い荷物を持つときはキャリーバックを使用すると良いです^^

 

少しの工夫でおひざへの負担を減らすことが出来るので、ぜひ試してみて下さい!

 

当院では治療をお決め頂いた患者様にお膝へ負担を減らすためのリハビリや行動についてもご案内しています♪

 

興味のある方はぜひ一度診察にお越しください😊

予約は公式ホームページからお願い致します😄

関連記事

  1. お膝のお水を抜くと癖になる??

  2. レントゲンとMRIの違いとは?

  3. MRIで分かることは?

  4. 健康のためのウォーキングが、、?

  5. お膝の音が鳴る理由

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)