PRP-FD治療について

こんにちは😊

札幌ひざ関節症クリニック、看護師の小松です👩‍⚕️

ぐっと気温がさがり、秋の気配が近づいていますね。

雨の日が続いておりますが、皆さま体調はいかがですか?☂

 天気が悪化=低気圧→身体は安定を図ろうとする→交感神経が活発→身体が敏感になる(=神経痛が発生しやすくなる)

ようです。

気圧の変化で関節痛を感じやすくなってしまうようですので、

皆様お気を付け下さいませ💦

さて、お話しは変わりますが、

皆さまPRP治療という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか⁈

PRP治療と言ってもよく分からなかったり、他の病院やクリニックで行っているものとの違い等、疑問や不安が多くあると思います( ;∀;)

 そこで、今回は当院で行っているPRP-FD治療について簡単にご紹介していきたいと思います。

 当院で行っているPRP-FD治療は、自然治癒の作用を持つ血小板が濃縮されたPRP(多血小板血漿)を

さらに高濃度にしたもので、一般的にはPFC治療と呼ばれているものになります。

 PRP-FDに含まれる成長因子により

①コラーゲンの産生

②修復細胞の招集

→血小板に含まれる成長因子には傷の修復に必要な細胞呼び寄せる性質があります。

③修復促進

→細胞分裂を活性化させ、自己修復機能を一時的に高める作用があります。

 治療の方法は、

片膝49ml、両膝89ml採血を行い、感染症の検査と加工に3週間お時間を頂きます。

採血ってどうやってするの?お膝から採血するの?

と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、方法としてはふつうの健康診断で行う採血とまったく同じで、腕の血管からの採血になります!

 また皆さん注入後、

普通に歩いて帰れるのかしら(。´・ω・)?

と心配の声もきかれることもありますが、

注入は、ヒアルロン酸注射と同じように数十秒程度で終わります。

 注入後は、皆さんいつも通りに歩いてご帰宅する事が出来ていますのでご安心して下さいませ(*’ω’*)♪

 簡単なご説明にはなってしまいましたが、

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい✨

関連記事

  1. 幹細胞治療の流れについて

  2. O脚とX脚について

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)