変形性膝関節症に対する一般的な保存治療

こんにちは、本日ブログを担当させていただきます看護師の小松です😉

 

みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて今回は、変形性膝関節症に対して

 

一般的な保険診療で行っている治療についてのお話です!

 

このブログをご覧いただいている方の中には、

 

既に整形外科に通われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

変形性膝関節症に対する保存治療(手術以外の治療方法)は

 

以下のようなものが一般的です↓↓↓

 

 

①大腿四頭筋の筋力訓練(リハビリ)💪

②体重コントロール(減量)🏊‍♂️

③ヒアルロン酸やステロイドの関節内注射💉

④湿布、鎮痛薬の服用💊

 

 

上記のような治療は、一時的に痛みは楽になるかもしれませんが

 

変形性膝関節症の根治的な治療ではないため、

 

いわば“その場しのぎ”の治療と言ってもいいかもしれません。

 

そのため、

 

なかなか症状が改善しない…

 

毎週毎週注射やリハビリに通うのは負担だ…

 

こういった感想を持たれている方も少なくないのではないのでしょうか?

 

実は、一般の保存治療だけでは、特に進行した変形性膝関節症は改善しないことが多いことも事実です…ガーン

 

そういった、今までの治療では改善が見られない方にお選びいただいている治療が、当院の行っている再生医療になります。

 

もし、保存治療で改善が見られずお困りの方がいらっしゃいましたら、下記までお気軽にお問い合わせくださいませ😊

 

ご予約は、ホームページまたは下記のフリーダイヤルより受付しております。

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

ホームページからのご予約は  こちら をクリックしてください。

札幌ひざ関節症クリニック

北海道札幌市中央区北一条西3丁目3-11 桂和北1条ビル6F

0120-013-712

https://www.knee-sapporo.com/

関連記事

  1. 膝の靭帯にPRP-FD!

  2. PRP-FD治療について

  3. O脚とX脚について

  4. 幹細胞治療の流れについて

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)